NLP人体実験 #11 -ナウシカになって「ランランララランランラン」しちゃった(プロコーチ付き)-

活用したワーク

コア・トランスフォーメーショナル

自分自身のステートが悪い時に、瞬時にいい状態に変えるためのワーク?

 

実施経緯

7月半ばから、(自分が招いたタネとはいえ)ビジネスパートナーを失い、仕事に嫌気がさし、労働意欲が低下し、自分自身のOSの限界を感じ、自暴自棄になっている矢先に、風邪を引いてそれが副鼻腔炎に発展し、更にイヤイヤ期の子供にイヤイヤのピーク達した結果、カミさんが子供を連れて家出をされた。更に自暴自棄になって、結構どん底に落ちてしまい、昼過ぎに起きて、翌朝方までyoutubeで下らない動画を見る生活を1週間近く過ごしてた。そんな最悪の状態で、数週間後の仕事の納品に向けて、流石にこの精神状態が続くとまずいと感じ、ステートを瞬時に変えてもらった。

 

どんな体験だったか?

正直言うと、何が起きたのか全く覚えていない。ただ、なんかどこかのタイミングで、雨雲だらけの二子玉川の河川敷で寝転がっているイメージが浮かんできた。その後、それが雲の合間から光が差し込んでいて、まるで天に召されているようなイメージに変わった。それで天に召されてみると、次の瞬間…両手を横に広げて下界を見下ろしながら、雲の上を歩きながら、ランランララランランと歌っているナウシカになっていた。(ちなみに、「風の谷のナウシカ」は、子供の頃、一番良くみたアニメ)

 

結果

何が変わったのかは、正直よくわからない。ただ、色んなことがどうでもいい小さな悩みに見えた気がする。人間万事塞翁が馬のような感覚かな。その後、あまりやる気はないものの、一応仕事をしたり、「風の谷のナウシカ」、「ルーズヴェルトゲーム」、久石譲のyoutube動画を見たり、ゲームをやったりと、少しだけ廃人生活から抜け出してきた気がする。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *