Innovation Creation Project for the Gifted 〜実験: イノベーションの鍵は、the Giftedの中にあるのではないか?〜

概要

the Gifted… 僕は、ある特定の人々のことを指してこの言葉を使う。それは…

「何かしらの現代社会が作り上げた、都合の良い基準に合わないと言う理由から、社会から迫害を受けていると感じ、社会に居場所を見つけられずに、窮屈な想いを持つ人々、孤立してしまっている人々」

…のこと。例えば、障害者、薬物依存症のリハビリ中の患者さん、発達障害の方、定時制高校の学生さん、外国人と言う白黒がつきやすい人もいれば、会社の中で、「できないレッテル」を貼られていたり、人事評価からローパフォーマーとして記録されている人、邪魔者として扱われていたり、浮いている人であったり。誤解を恐れずに言えば、いわば「社会の中で、一般的には不都合とされ、敬遠されがちの人」のことだ。

こんなthe Giftedの人達は、本当に、社会にとって、会社にとって、不都合なものなのか?実は、the Giftedに、より良い次代へと切り拓く、イノベーションの源泉が眠っているのではないか?

これは、それを検証するための、ある種の実験プロジェクトである。

 

背景

…。…。…。

ここでは、「何故、社会にとって必要なのか?」を書く欄のはずなのに、言葉が出てこない。いや、もちろんいくらでも書けるのだ。しかし、どの言葉も確信をつかない。

とりあえず書いてみよう。

the Giftedの人々が、不都合にならないようにするためには関係性が重要

この社会実験に好奇心が湧いたのは、「ソーシャルベンチャーから学ぶ逆説のビジネスモデル〜ユニバーサルデザインと障がい者雇用〜。」と言うセミナーに出たことがきっかけだ。

そこでは、株式会社プラスリジョンの代表の福井佑実子さんと言う方が講演されていた。

株式会社プラスリジョンは、「障がい者雇用促進にまつわる業務改善、業務開発コンサルティング」を主要事業として活動されている。この会社は、福祉目的ではなく、戦力目的として、障害者を採用して、活躍する場を作っている。障害者を納税者に変えると言うことをしている。例えば、食品加工の事業もやられているのだが、商品不良率は健常者より低いらしい。これは「国に義務付けられているから、足を引っ張らない程度に、黒字は期待せず赤字にならない程度に障害者を採る」と言うスタンスとは大違いである。

その方の言葉で、私を心を貫いた言葉が…

「環境が変われば、障害が『ある』は『ない』に変わる。」

…と言う言葉だ。

ここで言う「障害」とは、何も障害者が持っている障害のことだけではなく、その人を取り囲む周辺にとって「不都合な何か」だと、僕は思っている。

またここで言う「環境」とは、もちろんハード面上のバリアフリーか否かなど施設・設備のこともある。どんな事業・どんな商品と言うのもある。それを実現する、業務オペレーションルール、制度などもある。だけど、それよりも更に根底にある、「周囲の人との関係性」もこの「環境」の一つに含まれると思った。(多くは、ここを軽視するが…)

僕が専門としている組織開発領域の立場から、この言葉を言い換えてみると…

「関係性が変われば、不都合が『ある』は『ない』に変わる。」

…となる。

論理の飛躍、結構!そんなの百も承知。

でも、僕にとっては、夢のある話。爆進する動機としては、十分。

実際問題、私がかつていた会社で、経営陣からボロクソ言われていた社員がいた。

「ホウレンソウができない。」

「人の顔を潰す。」

「言い訳ばかりする。」

「かっこいい綺麗事ばかり言う。」

「口の割には成果が出ない」

「プライドが高過ぎる」

その社員は、ある時転職をするのだが、その転職先の会社で、トップ営業マンになり、表彰され、年収が倍増する。

この社員がトップ営業マンになったのは、必ずしも周囲との関係性だけではないと思う。業界は同じとは言えど、ビジネスモデルも商品も変わった。でも、周囲との関係性も多分に大きな影響があったのではないかと見ている。

誤解なきよう伝えるが…

「その一見不都合の要因となっている人が、正しい」と言っていない。

「その一見不都合の要因となっている人の周辺の人々が、間違っている」とも言っていない。

「その一見不都合の要因となっている人とその周辺の人々の間にある(見えない)関係性が、現在相互が幸せになる状態になっていない」と言っているだけ。

そして、その関係性を変えることができる技術として、対話やシステムコーチングと言う技術がある。これをうまく使えないだろうか?と僕は考えた。

 

the Giftedは、イノベーションの鍵なのではないか?

こんな声が聞こえてきそうだ。

別に今現在うまく言っている。それなのにも関わらず、the Giftedの居場所を作るためだけに、わざわざ関係性を変えるのはなんかしっくりこない。関係性を変えた結果、the Giftedの人達が居やすくなった。それはよかったね。でも、その周辺の人達のメリットは何か?そこから何が得られるの?

そこにあえて僕の考えを話して見ると…

「the Giftedの人達が持っている現代社会にとって不都合な要素は、イノベーションの鍵だと考えられないだろうか?」

…と言う点だ。

なんだか日本では、今イノベーションと言う言葉がやたら流行っている。僕も嫌いじゃない。むしろ好き。なんか新しい時代の到来を示唆するアイディア。ワクワクする。ちょっと使われ過ぎていて、アレルギーを感じる節もあるが…

で、そんな時、イノベーションを創出するために、人選がされる訳だけど、これ意外と「現代社会のご都合の基準から見て、優秀な人」が選抜される。革命的なアイディアを出そうとしている時に、「現代社会の申し子」みたいな人を招集して、この現代社会にとって革新的なアイディアは生まれるのだろうか?

いや、この答えは僕にはない。むしろ、誰にも、必ずや「変態的な一面」があると思っている。そのような「変態的な一面」が表層化すれば、すごいものは生まれるかもしれない。ただ、その点から考えると、「現代社会からは不都合扱いされて、馴染め切れていない人」でも良くないか?社内で浮いている人、社内で煙たがられている人、社内で扱いに困っている人。むしろ、既に明らかに浮いてしまっている人なのだから、革新的なアイディアが生まれるかもしれない。

「そんなことはあり得ない!」と言う声も聞こえてきそうだ。実際に、何度も罵倒されたことがある。

その気持ちはわからなくもないが、「優秀な人を集めたら、革新的なアイディアが生まれる」とは、証明されていない。同時に、「現代社会から不都合扱いされている人達からは、革新的なアイディアは生まれない」とも、証明されていない。

だから、実験。

一層の事、社内で不都合扱いされて、浮いている人を、ガッと集めて、そこから新プロジェクトや新規事業立案とかさせて見てはどうだろうか?ドラマや小説で良く見るような世界観。どうせ飼い殺しにするくらいなら、本人にとっても幸せだと思う。

それで、本当にイノベーションが生まれたら、会社にとっても儲けもの。

 

僕が持っている、関係性に変革を起こすための「システムコーチング」という技術、そして個人のリーダーシップの厳選に光を当てる「本当の仕事ワークショップ」という技術。これらの技術やデザイン思考などの技術などを組み合わせることで、これが実現可能なのではないか?と思っている。

仮に、これができたとしたら、この取り組みそのものがイノベーションになる。これまでの組織人事論を根本から覆してしまう。

 

対象者

  • 会社にとって不都合だと思われている人

 

何故、僕がやるのか?

一言で言えば、ワクワクしちゃったからかな。

最初に入った会社では、明らかに自分の居場所を感じることができなかった。煙たがられた。呆れられた。そして、他部署で人手が足りない状況下で、専門外の部署に異動になった。つまり、社内リストラだ。その直後、僕は退職した。

次の会社で最初の一年は営業をやった。成果は出なかった。そして営業企画の部署に異動になった。半年立たない内に、経営ミーティングで、「誰か、大橋いる奴いないか?あいつはいらない。」と事業部長に言われて、再び営業部隊に戻った。その半年後、僕は社会人人生で初めてブレイクした。会社設立以後、最大のプロジェクトを受注した。会社の売上の1/3が、僕が契約した案件だった。しかし、リーマンショックの影響でそのプロジェクトもなくなった。つまり会社の売上の1/3が吹っ飛んだ訳だ。すると、再び企画部署に異動になった。リーマンショックで売上が低迷している中、リストラの話が上がった。無論、僕もそのリストに入っていた。そして、僕はその会社を自主退職した。

次の会社では、リストラ的なことには合わなかった。比較的に安定的に成績を残してきたからだと思う。でも、自分の主張を殺して、会社の方針に必死に合わせようとしていた。だからシンドくなった。成績は残している。上司や同僚とも仲良い。それでも、息苦しかった。それで、中国現地法人の社内公募の話があった時、この苦行から抜け出すために一人上海に駐在した。そして、そこで僕の社会人人生2度目のブレイクをした。

僕は、ある種5回ほどリストラに恵まれている。でも、同時に2回ほどスーパーサイヤ人にもなっている。

この現象が不思議でならない。もちろん2回のスーパーサイヤ人の頃は、至福の時期だ。

環境が整えば、誰もがスーパーサイヤ人になれるのではないか?

もしそうなのであれば、そんな至福な人生を送れる世の中を創りたいと思う。

 

募集中

このプログラムは実験です。どんな結末になるかはわかりません。でも、そんな実験活動に夢を感じて、一緒に取り組みたいという方、実験台になってみたいと言う方、是非お問い合わせください。