美大出身者向け「本当の仕事ワークショップ」の開催

概要

日本におけるコーチングの第一人者であり、国際コーチ連盟認定のコーチ養成機関 CTI Japanの創設者である、榎本英剛氏が開発した「本当の仕事ワークショップ」を、美大生や美大出身者に届ける。「本当の仕事ワークショップ」とは、一人一人の中に眠るある種のその人の本当の姿を象るアイデンティティの源泉を発見し、その源泉から自らの強い意思と決意の伴った表現方法を探求ワークショップである。

※僕は、榎本英剛氏から直接指導を受けた「本当の仕事ワークショップ 認定リーダー」です。(詳細は、こちら

 

背景

僕は、美大生や美大出身の方は、「変態」だと思っている。これは、褒め言葉だ。自分の中にある個性や価値観に極めて素直である。素直だからこそ、独特の視点や考え方が確立している。

少し話はそれるが、10年後の世界は、経営者やエンジニアなどの類の仕事が作っている思っている。数十年後の世界は、研究者などの類の仕事が作っていると思っている。では、数百年後は?僕は、芸術家などが作っているのではないか?と思っている。アートの世界にいる人々は、その突拍子も無い発想が故に、変わり者に見えてしまうが、未来の視点から見ると実に理に適った考え方だな…って感動することがある。だからなのか、僕はアートの世界にいる人の見ている世界は、次代を切り拓くgiftだと思っている。こう言う美大生や美大出身の人の独特の価値観、感性から表現されるアウトプットが、人を幸せにするタネになるのではないか?と思う。

しかしながら、その観点が実に個性的が故に、今の一般マーケットには理解され難い。その独特の発想や観点を元に、仮に商品開発・サービス開発したとしても、それは現代社会においては相当ニッチである。だからこのような独特の発想や観点を持った美大出身者の才能が、事業会社の中だけで埋もれていくのは、この世の宝の持ち腐れだと思っている。

生計を立てるための仕事をする傍ら、その独特の発想や着眼点を120%活かして、事業・商品・サービスとして世に表現していくと、現代社会に警鐘を響かせる新たな価値を提供できるのでは無いか?と思っている。

そんな美大生や美大出身者達が、本来持っているgiftを最大限に開花する支援がしたいと思う。

 

対象者

事業会社への就職を見据えて就活を控えている美大生

事業会社入社3年目、入社5年目、入社10年目など節目の年を迎え、今後のキャリアを考えている美大出身者やデザイナー

 

何故、僕がやるのか?

ニッチなものを見ると、ワクワクしちゃう。ニッチな領域で高利益を叩き出す商売をしている優良企業を見ると、楽しくなっちゃう。大田区や墨田区や京都などにはそう言う優良企業が実に多い。自分たちが信じるニッチ領域を、長年地道に磨き続けたからこそ今の地位がある。加えて、そう言うニッチ領域を突き詰めている企業は、多くの人には響かないが、一部の人の心を震撼させる。美大生や美大出身者には、そう言う力があると思う。更に、自分の世界観を120%表現することは、その人自身をも幸せにすると思う。

 

募集中

このプログラムにご興味ある方は、是非お問い合わせください。