中小企業の社長向け「本当の仕事ワークショップ」の開催

概要

日本におけるコーチングの第一人者であり、国際コーチ連盟認定のコーチ養成機関 CTI Japanの創設者である、榎本英剛氏が開発した「本当の仕事ワークショップ」を中小企業の社長に届ける。「本当の仕事ワークショップ」とは、一人一人の中に眠るリーダーシップの源泉を発見し、その源泉から自らの強い意思と決意の伴った「事業の原型を創る」ワークショップである。

※僕は、榎本英剛氏から直接指導を受けた「本当の仕事ワークショップ 認定リーダー」です。(詳細は、こちら

 

背景

企業の多くは、「世の中のニーズに応えるために、どんな事業、どんなサービス、どんな商品にしたら良いのか?」と言う視点から物事を考え過ぎているように感じる。もちろんそれも大事だ。しかし、世の中のニーズに応えようとするばかり、自分自身を偽っていないだろうか?

最新のリーダーシップ理論では、リーダーシップを発揮するためには、その人の本来の「ありのまま」でいることが大事であると言う。つまり、短期の事業成果を求め、世の中のニーズに応えようとして、自分を偽ることでリーダーシップが発揮されず、その結果として事業を短期の事業成果にすら導くことができない…と言う堂々巡りの構造が見える。

これは本末転倒ではないか?

顧客も、自社も、自分自身も… 誰も幸せにしていない。

この負のスパイラルから抜け出すきっかけを創るのがこのワークショップ。

自分自身にしかないリーダーシップの源泉を発見し、そのリーダーシップの源泉から、マーケットニーズに合った事業を創る。その結果、リーダーシップが発揮できる事業や組織を作っていく。自分の意思も伴った事業。そっちの方が、事業も組織もその人自身も幸せではないだろうか?

 

対象者

中小企業の2代目以降の社長

新規事業の立ち上げを考えている中小企業・ベンチャー企業の社長

ベンチャー企業の社長

 

何故、僕がやるのか?

僕には、ミーハーな一面がある。トレンディドラマが大好きだ。特に、仕事を題材としたドラマが大好きであり、最近で言えば、池井戸潤の「下町ロケット」や「陸王」などを見ていると、迂闊にも泣いてしまうことがある。佃製作所やこはぜ屋。ムーブメントを起こそうと立ち上がった社長が、新たな仲間との出会い、そして社員と共に、様々な苦難を乗り越えて、新たな夢ある事業を創り上げていく。

夢物語?ドラマの中の世界?そう思っている内は、きっとできないだろう。

何故なら、思考は、現実化する。疑念を持っていれば、それが現実となる。顕在意識で「できる」と思考していても、潜在意識で「できない」と思考していたら、その潜在意識が現実となる。

僕は、人々が自分自身のリーダーシップの源泉に繋がって、その源泉から一心不乱に走り出す光景を見るのが好きだ。そんな景色で溢れる日本にしたいと思っている。だから、このプロジェクトをやってみたい。

 

募集中

このプログラムに是非参加したい方、お付き合いのある社長さんにご紹介したいと感じる方は、是非お問い合わせください。