年収を72%削ったらより幸せになった2017年

3年前の2014年10月に、フリーランスとして独立。

2014年10月から2016年12月までは、某社と契約を結び、2つの新規事業立ち上げをやっていました。依託費は、そこそこ頂いていたので、生活的には(僕なりの基準で)かなり贅沢をして、全く不自由はなかった。

しかし、「この僕が、本当に価値を感じられることだけに、自分のお金、時間、能力、才能、身体という資源を投じる生き方」をしたいと考え、同社と2016年12月で契約を解約。

2017年1月からの一年間、「この僕が、本当に価値を感じられることだけに、自分のお金、時間、能力、身体という資源を投じる生き方」という方針で暮らしてみた。

 

やめたこと

  • 不安感を払拭するために、無駄にお金を稼ぐ
  • 大して行きたくもない飲み会に行く、美味くもない酒を飲む、毎晩の無駄な晩酌
  • 所有することを減らした
    • 本・服・お菓子を代表として、本当はあってもなくても良いものは買わない
    • カメラ・ダイビング機材・本・ゲーム機・ゲームソフト・ステレオを売る
    • 過去の思い出的な品々・いつか必要になると思っていた参考書類・スーツを捨てる
  • 無駄なテレビ鑑賞
  • 解約したもの
    • あったら良い程度のネットサービス
    • やたら高額な携帯電話キャリア
    • 横柄な態度をとるメガバンクの口座やクレジットカード

 

始めたこと

  • 自炊(作り置きで最小限の時間で食事を回す)
  • 資格取得 ※最大投資ポイント
    • システムコーチング(約86万円)
    • 本当の仕事ワークショップ認定リーダーの資格取得(約38万円)
  • システムコーチングセッション、リーダーシップ開発プログラムのリード
    • システムコーチングを使ったセッションのリード
  • Webサイト制作の受託
  • 武蔵新城のまちづくりにちょっと関わる
    • greenbird新城中原チーム(地域の清掃活動)の運営
    • Book & Cafe stand Shinjo Gekijoにちょっとだけ絡む
    • 地域の定時制高校との出会い
    • 地域の薬物依存症リハビリセンターとの出会い
    • 武蔵新城の街に関わる素敵な人たちとの出会い
  • 1人カラオケ
  • 所有せずに借りる(図書館、Microsoft Officeやめて全てgoogleドキュメントへ等)

 

得られたと感じること

  • 素敵なパートナー
  • 子供
  • 海外で働く・海外案件に関わる躍動感のある機会
  • 自由に使える時間
  • 地元の街を歩いて、当たり前のように挨拶し合える情景
  • 健康な身体
    • 風邪を引かなくなった。引いても長引かなくなった
    • お腹を壊さなくなった

 

失ったと感じること

  • 日常的に、真面目なことから、ふざけたことまで話せる仲間
  • 煩雑な経理書類を回してくれる人
  • 度々襲ってくるプレイステーション4を買う衝動に応えられない財源

 

 

 

実際の状況を客観的に見てみる。

財務的には…

  • 今月の収入は、15万円
  • 来月の収入は、15万円
  • 再来月の収入は、28万円

…と、新入社員同等もしくはそれ以下の推移で全然安定しない。年収も、人生最高値の時と比較して、28%程度の年収しかない。

 

じゃあ、時間はあるかと思いきや、収入にならない仕事を多くしているので、年末年始なんかは、1月1日にパートナーとお出かけに行った以外は仕事していて、大晦日は近くの施設で1月1日の2時まで1人黙々と仕事していた…

なんて、ある意味、365日稼働している。

 

つまり、「貧乏暇なし」

 

それでも、体感値としては、「この僕が、価値を感じられないことに、自分のお金、時間、能力、才能、身体という資源を使わされている」時代より、ずっと幸せ。

 

失ったものは大してない。

僕が大して大切だと思えないことに、自分のお金、時間、能力、才能、身体という資源を使う。その我慢の対価として得たのは、お金。じゃあ、そのお金は、何に使っていたのか?必要だと思い込んでいたけど、失ってみると実は大して必要じゃないことに使っていた。

 

そんなことに気付いた2017年でした。

 

こんな生き方は、有りか無しかと聞かれれば、断じて有り。

 

もう元には戻れない。