優しくも大胆に「 和の文化」を破壊的創造する仕事

僕を翻弄してきた「和の文化」

「和の文化」を重んじる日本では、「集団のために個人を犠牲にする」ことが、美学のように崇められ、同時に無言の圧力のように一人一人を抑圧し、強要してくる。子供の頃から、「人様に迷惑をかけるな」「お客様は神様である」的な言葉で、潜在意識に刷り込まれてきた日本人は、それがある種の「絶対正義」のように、あたかもそれがこの世の真実、この世の摂理のような思い込みと化している。それが我々の間に、「声にならない声」をたくさん生んでいるように思えてならない。

そんな僕も、この無言の圧力にずっと苦しめられて来た。アメリカ育ちで、考え・意見・主張を持たなければ無価値のように教育される一方、アメリカで過ごした幼少期に日本人に虐められた経験もあり、「心の中では色々考えさせられるけど、それを発信したら虐められる、出る杭になったらフルボッコにされる」という思い込みがあり、自分の本心はあまり口に出すことはできなかった。

「意見がないから言わない」のではなく、「意見があるのに言えない」という状態。そんな蓋をされた声は、時が経つにつれて噴火口が見当たらずに、地底を彷徨うグツグツ燃え盛るマグマみたいな状態へと発展していく。

その結果、いずれかの道筋を歩む。

噴火口をゴリ押しで創って、外に向けて大爆発する。

もしくは、自分の内に向けて大爆発する。

前者は、通常、上司・同僚や恋人などに向けて。そして、後者は私を社会から遮断して、ふて寝・引き篭もりにさせる。

こんな風に、この「和の文化」が作り出す「集団のために個人を犠牲にする」という無言の圧力は、ずっと僕を翻弄して来た。

人々の「声にならない声」は、次代へ導くgift

しかし、これはきっと僕だけではないはず…

日本育ちの人であれば、もしかしたらあまり意見・考え・主張を持たずにいるのかもしれない。その分、集団に従うことに慣れているのかもしれない。でもね、それでもやっぱり人間だもの。意見・考え・主張・不満の一つや二つはあるだろう。その考え・意見・主張こそが、あなたのgiftだというのに、それを出さないのは勿体無いと僕は思う。

一方、中にはすごい意見・考え・主張を持つ日本人もいる。でも、それを上手く発信できなかったりする。そして僕と同じように、糞づまり状態になって、ある時大爆発して、自分か周囲を傷つける。その考え・意見・主張こそが、giftだというのに、それを核弾頭のようにしか、発信することしかないできないのは、勿体無い。

そして、すごい意見・考え・主張があって、それを発信するものの、その周辺環境がそれを上手く扱えなかったり、その杭を潰されたりしている人もいる。そんな考え・意見・主張こそが、あなたのgiftだというのに、それを周囲が上手く使えないのは勿体無いと僕は思う。

 

論理の飛躍を承知の上で、書いてみるが…

僕は、日本の幸福度が先進国の中でも低いという調査結果と、この和の文化は無縁ではないと思っている

僕は、日本からイノベーションが生まれ難いと言われることと、この和の文化は無縁ではないと思っている

僕は、日本から次代へと導くリーダーが生まれ難いと言われることと、この和の文化は無縁ではないと思っている

この「和の文化」が、経済的の観点からも、日本人の幸福度の観点からも、この日本の行く末に大きな影響を与えている一つの要因ではないかと思っている。

 

「和の文化」を否定したい訳じゃない

ただ、誤解なきよう補足すると、僕はこの「和の文化」が嫌いな訳じゃない。むしろ日本の誇りに思う。5歳から23歳までアメリカで育った僕が、日本に帰国したのは、ある種この「和の文化」が好きだったからだ。そこに美学を感じる。太平洋戦争以降、他国のような戦争や国内紛争やデモなどが起きない大きな要因だと思う。東日本大震災の直後の大混乱の中でも、盗みをしない日本人が海外で報じられ、賞賛される度に、日本人を誇らしく思う。

私が尊敬するある海外で活躍する外国人の方が、「世界における日本の役割は何か?」という質問に対し、「世界において、倫理のリーダーであることだ。」と答えていた。それは間違っていないように思う。

僕は、「和の文化」を否定したい訳じゃない。

だからこそ、「集団と個人をどのように活かし合うか?」と言うテーマで、僕はずっと頭を悩めてきた。

 

答えは、「和の文化の破壊的創造」

その結果、今現時点で僕が出した答えは、大した答えではない。それは、「和の文化の破壊的創造」だと思っている。

一人一人が、安心安全を感じて、自分の意見・考え・主張が言える。そしてそれを聞く周囲も、それを「ちゃんと扱う」ことができる。そんな今の時代に合った「和の文化」を、どこかの頭のいい人が作るのではなく、我々一人一人が共創していくことだと思っている。

ただし、言うは易し。そう、決して簡単ではない。

掟・ルール・慣習を壊す行為ことは、実は人や集団の潜在意識の中にあるアイデンティティ(私達らしさ)を壊すような行為である。それは、無自覚にも集団としての人格を否定する行為でもある。あなたが人格否定されたように感じると、あなたはどんな反応をするだろうか?きっと、そう簡単には、その人格否定を受け入れられないだろう。このあたりについては、それだけでも何ページものコラムをかけるので、詳しくはまた別の機会に書きたいと思う。

つまり、掟・ルール・慣習を壊す行為は、多くの反対勢力を生んでしまう。だからこそ、集団の変化を成功させるのは難しいとされる。そんな変革を遂げるためには、その変革のプロセスを丁寧にも大胆にリードして行くための方法が必要である。

 

それを可能にする技術との出会い

私はそれを可能にする技術に、2012年に上海で出会った。

当時、尖閣諸島の問題をきっかけに、中国と日本は対立し始め、中国では過去最大級の反日デモに発展した。僕は、中国人が好きだ。でも、同時に日本人である。中国人の悪口を言う日本人を見ると、腹が立ち噛み付く。日本人を悪く言う中国人を見ると弁明したくなる。僕は、そんな葛藤を抱えながら、上海に駐在し、日系企業の中国現地法人の組織開発コンサルティングの仕事をしていた。

そんな仕事を通じて、お客様の企業の成長のために、日本人にインタビューすれば、中国人の仕事の仕方が良くないと言う。中国人にインタビューすれば、日本人の仕事の仕方がおかしいと言う。これだと堂々巡り。どっちが悪いとか、どっちが良いとか、そんなことはどうでも良くて、「共に目指したい状態を見つけ、それに向かって共に歩む方法」を見つけるしか、未来への道筋は見当たらなかった。

そこで出会ったのが、システムコーチング®と言う、集団の対話をファシリテートするための最先端の技術。

 

システムコーチング®とは?

このシステムコーチング®やそのベースとなっている対話をリードするためのファシリテーション技術や理論は…

人種差別による紛争、宗教観の違いに寄る国際紛争、人身売買問題、多民族間の国内紛争の解決

…など、ガチの生々しい紛争を根本から解決する技術である一方…

理念・ビジョン・戦略の共創、企業の事業変革期、営業部門活性化、足を引っ張り合っている経営陣、営業部門と開発部門の不仲、経営陣と現場の温度感の違い、グループ会社間の不仲、M&A直後の不仲、上司と部下の不仲、新プロジェクトの立ち上げのアクセラレーション

…など、ビジネス場面にも応用され、また…

ソーシャルセクター間の非協力的な関係、地域団体間の派遣の奪い合い、夫婦の不仲

…などソーシャルセクターや家族問題など、ありとあらゆる人の関係性を、より建設的で、より創造的にするための技術である。

このシステムコーチング®を通じて、結果的に作られるのは、「その集団の今に適した和の文化」に帰結すると私は考えている。一人一人が、安心安全を感じて、自分の意見・考え・主張が言える。そしてそれを聞く周囲もそれを「ちゃんと扱う」ことができる。そんな「和の文化」。

 

2017年2月25日から1年間、この技術取得のための資格コースを受けていた。

私は、この技術を使いながら、日本国内の様々な企業・団体に、優しくも大胆に「和の文化の破壊的創造」を届けながら、世界の倫理リーダーである日本を代表する1人として、海外に「和の文化」に届けるべく、優しくも大胆に「文化の破壊的創造」を提供して行きたいと思う。

 

具体的に…

どんな企業・団体に届けるのか?

どんなことが可能なのか?

どのように行うのか?

…は、このコラムでも今後取り上げて行きたいと思う。

 

システム・コーチング®ORSC®)はCRRジャパンの登録商標です。