テスト

テスト

Vision

サービスの目指す姿

 

ドラマのような物語を、現実に。

日曜日の夜9時。

先代亡き後、経営が窮地に追い込まれ2代目経営者。
自社の存続をかけて、夢溢れる新規事業創造に乗り出す。

顧客からの突き付けられる無理難題。
競合他社から掛けられる圧力。
提携先の裏切り。
メインバンクから断られる融資。
社員との間に勃発する軋轢。

そんな次から次へと押し寄せて来る絶望的な課題を、新しく出会った仲間や社員と共に一丸となり、乗り越えて事を成す。

そんなドラマを一度は見たことがあるだろう。
そして、そんな物語に感動を覚え、「グッ」と引き込まれた人もいるだろう。
人の心を揺さぶり、鷲掴みにする。

本当は、ドラマのような物語を、我々はリアルな人生にも求めているのではないか?
だからこそ、こんなドラマは、我々を揺さぶる。
しかし、我々はそれを「ドラマの世界だから… 現実はそんなに甘くない… そんなリスクは取れない」と自分に言い聞かせて、オトナな自分を演じて、翌日の普段の仕事に戻っていく。

たった一度の人生だ。それで本当にいいのだろうか?

「ドラマのような物語を、現実に。」を、もたらし得る技術が私にはある。
あなたとあなたの組織全体に、火を灯す技術だ。

信じられないだろうか?
それはそうだろう。

私が使う技術は、まだまだ日本にはあまり普及していない技術だ。
しかし、海外ではすでに多くの実績を出し、日本でも多くの成果を上げ始めている技術だ。

もしそんな「ドラマのような物語を、現実に」もたらしたいのであれば、一度話を聞いて見てから判断して見て欲しい。

Values

大切にする価値

経営トップを孤独にしない。

最後の責任は経営トップがとる。だからこそ、色んな悩みを常に抱える。しかし、そのほとんどは、自社組織のメンバーに相談できない悩みではある。一人で悩み抜いた末に出した結論を、組織に公開する。反対、無関心、当事者意識不足がちのYesマンのオンパレード。結局、経営トップは、孤独に戦っている。孤独と戦っている。このサービスは、「経営トップを孤独にしない。」という価値を提供する。誤解しないで欲しい。私がその孤独感を埋めることではない。むしろ、私の関わりによって、あなたの組織が、あなたと共に戦う戦友になる。そんな組織を創ることを、お約束する。

事業成果にコミットする。

経営の2大要素を、「事業」と「組織」と捉え、その「2つを有機的に連動させることでしか、成果は上がらない」とあなたが信じるのであれば、私はお役に立てるだろう。私の仕事は、「事業」の成果を出すことを目的とした、「組織」変革を起こすことである。事業成果を意図しない組織作りは、お断りすることすらある。事業成果を出すための組織を創ることを、お約束する。

組織そのものを変える。

私が提供するサービスは、「人材の能力開発」をするための研修と良く間違われる。しかし、私が行うのは、「組織の能力開発」である。組織を変えるために、人の能力開発という間接的に組織にアプローチする方法の積み上げで、「きっと変わるであろう」と神頼みに祈り続けるのが、人材開発。一方、組織という一つの有機体の能力開発を行うのが、組織開発。人事制度設計、個別人事、人材開発、人材採用のような、「人」にアプローチするすることで、間接的に組織に働きかけるものではない。直接的に組織そのものに働きかける、全くの違う新たな一手だと捉えると、組織は変革していく。

 

Lineup

サービス一覧